特別養護老人ホーム 入所案内

入所の要件

特別養護老人ホームは介護保険施設です。日常生活に常時介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が入所します。
食事、入浴、排泄などの日常生活の介護や健康管理が受けられます。
入所には、原則として要介護認定の結果「要介護3」以上と認定された方が対象となります。
ただし、要介護1、2と判定された方でも、状況によっては入所可能となります。
要介護認定のための申請は、各市町村役場の担当窓口で行い、訪問調査、介護認定審査会の判定結果を経て「自立」「要支援」「要介護1〜5」のいずれかの区分に認定されます。
「要介護度3」以上の判定がでた方が、特別養護老人ホームへ入所し、サービスを利用することが出来ます。

詳しくは介護保険のページをご覧下さい。

入所の手続き

入所は、施設と利用者の直接契約となっています。
ただし、利用者の方で判断能力が低下している方等のため、利用者に代わってご家族等が契約を結ぶことができます(三者契約)。
いずれにしても、直接、施設へ手続きを行っていただくことになります。
入所申込には、入所申込書(二様式)と診断書を記入していただきます。
なお、入所希望者が多い場合、入所に要する期間が多少かかることがありますのでご了承下さい。

お問い合わせ・資料請求