養護盲老人ホーム 入所案内

入所の要件

おおむね65歳以上の方で、身体上、精神上又は環境上の理由により、居宅において養護を受けることが困難な視覚障害を有する方で、 入院加療を要する病態でない方、伝染性疾患を有し、他の被措置者に伝染させる恐れがない方が対象となります。

身体上、精神上又は環境上の理由とは?

身体の状況
日常生活動作(歩行・排泄・食事・入浴等)のうち、一部介助が必要、かつ、その老人の世話を行う養護者がないか、又はあっても適切に行う事が出来ないと認められること。
精神の状況
認知症等精神障害の問題行動が軽度であって日常生活に支障があり、かつ、その老人の世話を行う養護者がないか、またはあっても適切に行う事が出来ないと認められること。
家庭の状況
家庭又は家族以外の同居者との同居の継続が老人の心身を著しく害すると認められること。
住居の状況
住居がないか、又は、住居があっても環境が劣悪な状態にあるため、老人の心身を著しく害すると認められること。

65歳未満の方でも、特に必要があると認められる方は、
上記の基準に適合するならば、対象となります。

※60歳未満の方で、次のいずれかに該当するときは、老人ホームの入所措置を受ける事が出来ます。

  1. 老衰が著しく、かつ、生活保護法に定める救護施設への入所要件を満たしているが、救護施設に余力がないため、これに入所する事ができないとき。
  2. 初老期認知症に該当するとき。
  3. 配偶者(60歳以上のものに限る)が老人ホームの入所の措置を受ける場合であって、かつ、そのもの自身が老人ホームへの入所基準に適合するとき。

入所の手続き

養護盲老人ホームは、利用者・市町村・施設の三者契約となっています。

  1. まず、お住まいの市区町村の役所へお出かけください。
  2. 入所基準に適合するかどうかの審査を行ってくれます。
  3. 入所基準に適合していれば、市区町村より、施設に入所依頼書が送られます。
  4. 入所が可能になった際、施設から市町村に連絡をとります。
  5. 区町村から入所を依頼された方に連絡がいきます。
入所の手続きの流れ

盲老人ホームは、「老人福祉法」第5条の3の老人福祉施設の種類の規定では、養護老人ホームに位置付けられています。
入所要件についても、一般の養護老人ホームと同じですが、それに「視覚障害を有するもの」という要件が加わります。
しかし、視覚障害の程度については、明確な規定はなく、市区町村の判断に任されています。 又、寝たきりや認知症高齢者で視覚障害がある老人については、心身の状態が優先されますので、特別養護老人ホームの入所対象となります。
要介護認定を受けられ、介護度が出ている方については、市区町村にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求