介護サービス対象者とは

第1号被保険者

65歳以上の人

寝たきりや認知症などで、日常生活の動作に常に介護が必要な人(要介護状態)

第2号被保険者

40歳以上65歳未満の人

加齢に伴って生じる心身の変化に起因する病気

※例えば、交通事故などで障害が残り、介護が必要になった場合には、介護保険の対象にはなりません。サービスを受けるには、市区町村の認定が必要です。

特定疾病(とくていしっぺい)

  • 初老期の認知症(アルツハイマー病・ピック病・脳血管性認知症・クロイツフェルト・ヤコブ病など)
  • 脳血管疾患(脳出血・脳梗塞など)
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • パ−キンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性神経障害
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎・気管支ぜんそく・びまん性汎細気管支炎)
  • 両側の膝関節、または 股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 関節リウマチ
  • 後縦靱帯骨化症
  • 脊柱管狭窄症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 早老症(ウエルナー症候群)
  • がん(末期)