要介護・要支援の認定

「要介護」状態

日常生活における基本的な動作の全部または一部について、常に介護を必要とする状態の人。必要な在宅サービスや施設サービスなどが受けられます(介護給付)。また、介護の必要度に応じて5つの区分(要介護度)に分けており、区分ごとに給付額の上限を定めています。

「要支援」状態

身体や精神上の障害により、日常生活をおくるのに支障があると見込まれ、
失われた能力をとりもどすための支援が必要な人。在宅サービスなどが受けられます。

要介護・要支援状態のめやす

要支援(社会的支援が必要)

日常生活をおくる能力は基本的にあるが、入浴などに一部介助が必要。

要介護1(部分的介護が必要)

立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに一部介助が必要。

要介護2(軽度の介護が必要)

立ち上がりや歩行が自力では困難。排泄や入浴などに介助が必要。

要介護3(中等程度の介護が必要)

立ち上がりが困難。排泄、入浴、衣服の着脱などで全体の介助が必要。

要介護4(重度の介護が必要)

排泄、入浴、衣服の着脱など、多くの日常行為で全面的な介助が必要。

要介護5(最重度の介護が必要)

生活全般について、全面的に介助が必要。